Research

データサイエンス

www.datascientist.or.jp www.atpress.ne.jp ds.rois.ac.jp www.stat.go.jp tjo.hatenablog.com ビックデータの利活用のための専門人材育成について@情報システム研究機構http://www.rois.ac.jp/open/pdf/bd_houkokusho.pdf

英語メール

www.berlitz-blog.com winners-english.com

アメリカのAI Initiative

アメリカのAI Initiative www.thefuturesociety.org ai-initiative.org

大学図書館改修工事

名古屋大学附属図書館 中央図書館耐震改修工事 http://www.nul.nagoya-u.ac.jp/kaishu/東京大学附属図書館・新図書館計画「アカデミック・コモンズ」 http://new.lib.u-tokyo.ac.jp/茨城大学図書館・本館増改築情報 http://www.lib.ibaraki.ac.jp/newlib/山…

SWITCH

ちょっと調べ物をしていたら、スイスのSWITCHという組織を見つけた。 このSWITCHという組織は、 スイスの大学が共同で設立した団体 スイスの大学に対するネットワークサービス インフラ、e-Learning、Grid、認証・認可基盤(Authentication and Authorization…

Average Correlations of Specific Evaluations of Teachers with Student Achievement from Effective Teaching in Higher Education: Research and Practice

授業の要素 相関係数 教員の準備と授業の設計 .57 説明の明確さと理解しやすさ .56 授業目標にそった授業 .49 期待される学習成果の明確さ .46 教員による知的な刺激 .38 高い学習水準への動機付け .38 質問の促進と他の意見への寛大さ .36 教員の会いやすさ…

授業研究(research on teaching)

実証主義を基礎とする教育学と教育心理学の科学的研究、具体的には20世紀半ば以降の学習心理学や授業過程のコミュニケーション分析や教育評価の数量的研究などを基盤として発展した研究領域である。佐藤学、教育方法学

協調学習

なぜ協調 - 三宅なほみ理論的基礎 一つの問いにいろいろな解があることを知り、そのバリエーションを統合することによって知識が一般化する 統合結果についてさまざまな見方を協調的に吟味することによって理解が深化する応用 協調することによって一人一人…

House_n Project

House_n is a Department of Architecture research group at the Massachusetts Institute of Technology http://architecture.mit.edu/house_n/index.htmlKent Larson Principal Investigator Director of House_n/OSBAMIT Department of Architecture Res…

価値創造

最近、いろいろな研究プロジェクトを見る機会があり思うことは、ほとんど同じような要素技術を使っているが、狙っていることや目的が異なることで、その研究の持っている意味が大きく異なるものだと思うことである。今までは新しい技術を開発すればそれだけ…

テレビ会議システム

シェア 1位 POLYCOM ポリコム(本社:アメリカ) 2位 TANDBERG タンバーグ(本社:ノルウェー) 3位 SONY ソニー(本社:日本) 4位 aethra アエスラ (本社:イタリア)イタリア国内シェア80%Vidyo ヴィディオ(本社:アメリカ) LifeSize ライフサイズ (本社:ア…

全学集中システム

全学資料購入集中処理システムがとても便利そうだ。

7つの大学累計の種別化構想

中教審答申(2005) ・世界的研究・教育拠点 ・高度専門職業人養成 ・幅広い職業人養成 ・総合的教養教育 ・特定の専門的分野(芸術・体育等)の教育・研究など ・地域の生涯学習機会の拠点 ・社会貢献機能(地域貢献、産学官連携、国債交流等)

新教育開国論−Opening Up Education

飯吉透先生の新教育開国論−Opening Up Educationなるポッドキャストが「キャスタリア」というところで始まったようだ。新教育開国論−Opening Up Education http://www.castalia.jp/podcast.php?pid=2415 ITなどを使った開かれた教育を提案するポッドキャスト…

研究プロジェクト

とある研究プロジェクトをすすめているのだが、なかなかイニシアティブを取ることができていない。本音が見え隠れするなか自分が主導していけばいいのだが、なかなか難しいところである。まぁ腹をくくってすすめるしかない。来週末までに計画をまとめあげな…

クリエイティブオフィス

学習と空間について、調査している関係で、オフィス空間も調べている。Office Design Gallery http://www.officedesigngallery.com/default.asp

プラン

いろいろとやりたいことがあるが、とりあえずこつこつと準備を進めるだけしかない。まずはしっかりと文献をレビューしまとめることだな。

ゼミ

久しぶりにゼミに参加してきた。

セミナー参加

TITECHにてセミナーに参加してきた。今日のはあまりおもしろくなかった。あとでもう一度じっくりと文献を読んでみようと思う。

レビュー論文

茂木健一郎の思考の補助線を読んだ一節に、レビュー論文に関する記述があったので、メモする。 レビュー論文は、単なるその分野の研究の紹介だけでなく、これまでの研究を概観し、新たなビジョンを提示しなければならないということだ。たぶん今年はレビュー…

母校の博士号取得者数

ふと気になって母校の博士号取得者を調べてみた. 1992年から博士後期課程が設置されたので,それから数えて2006年度までのデータだと76人の方々が博士号を取得している.そのうち,論文博士による取得者数は9名だった.たぶんこの大学から博士号を取得した…

ICC

新宿にいたこともあり,NTT ICCに出かけてきた.サイレント・ダイアローグとオープンスペースを見てきた.前からみたいということもあって,学芸員さんに作品を説明していただきながら,鑑賞してきた.会期中1度だけ再入場可能ということと,いろいろと研究…

査読結果

査読結果が返ってきた.返戻は免れたが,メジャーレビジョンでした.まぁそれなりに想定していたので特に驚きはなかった.これからが大変なんだけど....とにかくあと一週間で何とかしないといけない.アー大変だぁー

D論

D論の概略について,発表してきた.全体の流れはよいとして,後は各章のつながりが問題ということだった.なかなか厳しいものがある.

海外研修

10月から一週間ばかりMIT,Stanfordに海外研修に行くことになった. 目的の場所以外にもいろいろと見学できるところが追加できたので,よかった.それまでにいろいろと準備しないといけない.

ゲーム理論

実験授業でゲーム理論を導入したプログラミングをしようと思い、準備する。なかなか奥深くて面白いが、結構ボリュームがある。

論文別刷

この前採録された論文の別刷り2つが届いた.いよいよあと1本通れば要件を満たせる.今見てもらっている論文もあるので,4本通ればいいな.そしてまだ1本は,英語で仕上げたい気持ちがあるが,時間かかりそうだな. 博論提出も若干早まりそうなので,早急…

Think the Earth Project

世界的な環境活動「Think the earth Project」というのを発見.Think the Earth Project http://www.thinktheearth.net/

論文採録決定

論文採録決定の連絡をいただいた.これで2本目の採録です.学位のためには,最低でもあと1本の論文採録が必要で,現在投稿中です.まだまだホッとするには早すぎる.博論のストーリーも考えないといけない.

論文アクセプト

8月に書いた論文が採録されますと連絡を頂いた.初投稿,初査読,初受理となんとも,うれしい限りです.これに続いて,今投稿している論文も早く受理されて欲しい.それから,今年はあと3本くらいは論文を書くことにしよう.

やること

新しく研究を立ち上げるにあたって,勉強することがたくさんだ. 大まかな概観図を教えてもらって,あとは全体像をつかんで,研究課題を見つけていくことになりそうだ.非常に大変だが,チャレンジングなトピックスなので,面白そうだ.とりあえず正月に,関…

研究立ち上げ

来年度から新しく研究を立ち上げることになりそうだ.とりあえず,今年度は,研究立ち上げのための準備をすることになりそうだ.しかし,外国人研究者がいて,英語もしっかりできるようにしないとまずい(>_

学会入会

3つ目の学会に入会の申し込みをした.

Marvin L.Minsky

人工知能の父と言われて有名なProf. Marvin L.Minskyの講演会に少しだけ参加してきた.78歳の高齢にもかかわらず若々しい話しぶりだった.その後は,ゼミに参加して,執筆中の論文についていろいろと意見もいただいた.月曜までに仕上げないと...

報告書

この前のプロジェクトで報告書を作成するのだが,もう終わっているだろうと思っていたら,まだ駄目だしを受けており,手伝うことになった.しかし意外とボリュームが多くて時間がかかった.とりあえず,形にしたがどうだろう...

お勉強

実験の分析のために多変量解析のお勉強,以前に勉強したのだが,あまり必要性がなかったため,中途半端に終わっていた.このたび必要性に迫られて勉強することにした.やはり必要性があると勉強するなと痛感.「必要は発明の母」というが勉強も同じだな.

研究への態度

研究の過程を理解しており,また,自主的に課題を見つけ,自分で進捗を管理し,努力することができる つまり,Self Motivation / Self Organization / Self Control ができること

研究...

発表をしたが,準備不足のため全然だめな内容だった.予想はしていたので,ショックはないがもう少ししっかりとがんばらないといけないなぁと反省した. ゼミの先輩の就職が決まり,ゼミ終了後近くのお店で祝賀会を開催した.よいところに決まって,がんばれ…

人間中心設計

中央大学駿河台記念館で行われた,自動車技術会 安全企画部会 ヒューマンファクター部門委員会が開催する公開委員会に参加NIMEの黒須正明先生が「人間中心の情報支援システム」ということで,講演 接面としてのインターフェースから場(環境,状況)としての…

teleconference

韓国とのteleconferenceの接続テストを行うということで,午後から準備をしていた.なんどもこちらからダイヤルするが一向に応答がなく,ただただ時間が過ぎていった.結局あしたも接続テストをすることになった.

Ph.D Guideline

KEIO UNIVERSITY SFC 後期博士課程学位取得ガイドライン http://www.sfc.keio.ac.jp/faculty/lecture/doctral/ こういうガイドラインがWebにアップされているんですね.学位授与の要件はうちのほうが厳しいということを発見.

(社)自動車技術会 「ドライバと車両システムとのより良い関係を目指して」

自動車技術会主催のドライバ評価手法検討部門委員会で,「ドライバと車両システムとのより良い関係を目指して」が開催されたので,聴講してきた. 非常によい建物の日本大学駿河台1号館で開催されて,京都大学大学院工学研究科精密工学専攻教授の椹木哲夫氏…

第二回 体験記録とその応用シンポジウム-体験から何がわかるか-

http://www.rcast.u-tokyo.ac.jp/ja/events/2005/0304.html 雪の中,六本木ヒルズで開催された「体験記録とその応用シンポジウム」に行ってきた.49階のアカデミーヒルズ49から外をのぞくとほとんど見えない状況だった.しかし豪華な場所でシンポジウムを…

ニール・ガーシェンフェルド [Neil Gershenfeld]

NEWSWEEKを読んでいたら,この人の記事がでていて,面白いことを行っていた. 世の中では,どんどん進んだ思想でモノが作られているんだなぁとつくづく思ってします. FabLab project http://cba.mit.edu/projects/fablab/

インタフェース関連リンク

独立行政法人 産業技術総合研究所 情報処理研究部門 増井俊之 http://pitecan.com/

読んだ本

大前研一,“考える技術”,講談社 非常に刺激になり,勉強になった.借りて読んでいたが,手元において何度も読み返したい一冊. “成功パターン”の4要件 1.事業領域の定義が明確にされている. 2.現状の分析から将来の方向を推察し,因果関係について簡…

家展〜記憶のかたち〜

慶應義塾大学安村研究室 家展〜記憶のかたち〜 http://www.ieten.net/ 研究紹介もとてもよいアイディアで面白くいい刺激になった.学生の紹介の態度もよくて,見習いたいと思った.家に関する安村先生の講演を聞いた. 社会と家・家族に関する文献として,次…

モバイル・アプリケーション向け開発環境

J2ME - Java 2 Platform, Micro Edition http://java.sun.com/j2me/ NTT docomo iアプリ http://www.nttdocomo.co.jp/p_s/f/iappli.html http://www.au.kddi.com/ezfactory/tec/spec/ezplus.html KDDI au EZアプリ http://www.au.kddi.com/ezweb/au_dakara/b…

研究関係ニュース

やはり↓のような結果になったか. 運転中の携帯、ハンズフリーでも危険=反応速度が低下、追突倍増−米ユタ大調査 【サンディエゴ(米カリフォルニア州)2日時事】米ユタ大学の研究者らが2日までに発表した調査結果によると、運転中の携帯電話利用により、…

eラーニング

日本の大学の弱点は(上)中原淳さん http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20050203k0000e040074000c.html 日本の大学の弱点は(下)中原淳さん http://www.mainichi-msn.co.jp/shakai/edu/news/20050205k0000m040021000c.html