Souk

市場(スーク)の中の女の子」松井彰彦
物語調で,文化の経済学について書かれており,さらりと読むことにした.ちょっといまいちな構成だったと思う.

広告を非表示にする