戦争

となり町戦争,三崎亜記となり町戦争
友達の薦めで,「となり町戦争」が村上春樹みたいで面白いということで,早速読んだ.
今までにないストーリーで面白かった.たまたま夜見ていたWBSでもアメリカの戦争の民営化というで,事業としての戦争というくくり方をしていた.確かにもうすでに戦争は経済性合理性や産業としての戦争ということになっていると納得した.

広告を非表示にする