オルガン演奏会

「17世紀初期イタリアのオルガンとアンサンブルの音楽」と題する演奏を聴いてきた。少し遅れて入ったので、2階からのぞくことにした。独特の音がするチェンバロなる楽器の生音をはじめて聴いたと思う。演奏はルネッサンスからバロックの時期の頃の曲で、時折解説も交えながら演奏してくれたので、全く知らないながらもパンフレットも見ながら楽しむことができた。

広告を非表示にする